【2021年12月度】Monthly Power Play

♪『NERVEs   WurtS

 1st AL.『ワンス・アポン・ア・リバイバル』 12.1 (W's Project)

WurtS_a.jpg


2020年にYouTube、TikTokへの

楽曲アップロードからキャリアをスタートし、

作詞・作曲・編曲のみならず、

デザイン・映像までセルフプロデュースする、

21世紀生まれのソロアーティスト。

待望の1stアルバム『ワンス・アポン・ア・リバイバル』 

収録曲には、ストリーミング総再生回数3,500万回を超える

「分かってないよ」は勿論、PEOPLE 1のItoをゲストに迎えた

TOYOTA「カローラシリーズ」CMソング

「リトルダンサー feat. Ito (PEOPLE 1)」、

エナジードリンクZONe「IMMERSIVE SONG PROJECT」との

タイアップソング「BOY MEETS GIRL」、

「分かってないよ」と同様に

TikTokにて注目を集めた「ブルーベリーハニー」。

そして、にしなをゲストボーカルに迎えたXmasソング

「サンタガール feat. にしな」など話題曲が満載!



♪『So Done   joan

 Digital EP.『Bye』 12.2 (Universal)

joan - so done - please credit conor north goad.jpg

アメリカ・アーカンソーのリトル・ロックを拠点に

活動するエレクトロ・デュオ。 

元々異なるプロジェクトで活動していた

Alan ThomasとSteven Rutherfordが出会いバンドを結成。

2017年、ファースト・シングル「take me on」を発表。

2018年、Aviciiをはじめ数々の大物を手掛けてきた

敏腕プロデューサー、Carl Falkの耳に留まり

スウェーデンの音楽レーベル<snafu records>と契約し

デビューEP『porta』をリリース。

Bloc PartyをはじめThe Aces、Flor、Jeremy Zuckerの

公演のサポートを務めた。11月にはアジア・ツアーを実施。 

2020年2月にはUSツアーを実施し、ソールド・アウトが続出。

8月、6曲入りのEP『cloudy』をリリース。2021年には、

恋の始まりと終わりを描いた2枚のEP『hi』と『bye』をリリース。



『Hi-Six Shake!Shake!Shake!』Ending Power Play

♪『グッドナイト  グソクムズ

 1st Full AL.『グソクムズ』 12.15 (P-VINE)

グソクムズ_a.jpg

東京・吉祥寺を中心に活動し、

"ネオ風街"と称される4人組バンド。 

はっぴいえんどを始め、高田渡や

シュガーベイブなどから色濃く影響を受ける。 

2014年に たなかえいぞを(Vo/Gt)と加藤祐樹(Gt)の

フォークユニットとして結成。 2016年に堀部祐介(Ba)、

2018年に中島雄士(Dr)が加入し、現在の体制に。

2020年に入ると精力的に配信シングルのリリースを続け、

2021年7月に「すべからく通り雨」を配信リリースすると、

各方面ですぐさま話題を呼ぶ。 

メンバー全員がソングライターという

彼ら待望の1st フルアルバムが遂に完成!



『Hi-Six Radio JAM』Ending Power Play

♪『Wonderland feat. BONNIE PINK 

            / Night Tempo

 New AL.『Ladies In The City』 12.1 (Universal)

Night Tempo_a.jpg

今や海外でも一大ムーブメントとなっている

ジャパニーズ・シティ・ポップの

ブームのきっかけとなった

「プラスティック・ラブ」現象を巻き起こした

立役者の1人=韓国のプロデューサー/DJ、Night Tempo。

12月1日に自身初のメジャー・オリジナル・アルバム

『Ladies In The City』を発売。 

既に先行配信されているCrystal Teaや BONNIE PINKの他に、

上坂すみれ、刀根麻理子、山本彩、野宮真貴、道重さゆみ、

竹内美宥、十束おとは(フィロソフィーのダンス)、

国分友里恵と、80年代から活動を続けるベテランから、

今を時めく若手アーティストまで、

Night Tempoだからこそ成しえた

バラエティに富んだ顔ぶれが集結。