【2021年10月度】Monthly Power Play


♪『プレイボタン   空白ごっこ

 2nd EP.『開花』 10.20 (ポニーキャニオン)

空白ごっこ_a.jpg

下北沢を拠点にインターネットを中心に活動中。

心に刺さる切ない歌声が特徴のVo.セツコが歌唱し、

何もないけど何かある

「空(くう)」の世界観を「心」に例えて、

その精神世界で遊ぶ(ごっこする)ことが

コンセプトの音楽ユニット。

楽曲のエネルギーに負けないパワフルで

エモーショナルなヴォーカルを「セツコ」が担当し、

「koyori」「針原翼」が

それぞれの特徴を活かした楽曲を制作。 

2nd EP「開花」は、動画再生数100万回超の大人気曲

「運命開花」をはじめ、印象的なギターのリフから始まる

バンドサウンドが特徴の「ストロボ」、思わず体が揺れる

キャッチーなサウンドが病みつきになる「ハウる」。

その他、新規楽曲を加え、さらにパワーアップした

空白ごっこの“今”が詰まった作品に。



♪『Quiet On Set  Remi Wolf

 Digital AL.『Juno』 10.15 (Universal)

REMIWOLF_a.jpg

1996年生まれ、アメリカ・カリフォルニア州出身の

シンガーソングライター兼音楽プロデューサー。

高校在学中の2014年に、オーディション番組

『アメリカン・アイドル』に出場。

2018年に南カリフォルニア大学

ソーントン音楽学校 卒業後の2019年、

6曲入りのEP『You’re A Dog』でソロデビュー。

2020年6月にアイランド・レコードと

ヴァージンEMIレコードから

2枚目のEP『I’m Allergic To Dogs』をリリース。 

これまでに、ポロ&パン、スティル・ウージー、

コーシャス・クレイ、リトル・ドラゴン、

フリー・ナショナルズ、ホット・チップ、

チューン・ヤーズ、ポーチズといった

数々のアーティストとのコラボが実現。

2020年にロサンゼルスで開催した自身初の

ドライブスルーコンサートのチケットは

わずか1時間以内に完売するなど、

いま最も注目度の高いアーティストの1人。




『Hi-Six Shake!Shake!Shake!』Ending Power Play

♪『日日  森 大翔

 Major Debut SG.『日日』 9.29 (A-Sketch)

森大翔_a.jpg

2003年6月生まれの18歳。 

北海道・知床 羅臼町出身。

小学6年の頃、従兄弟からの影響でギターを始める。

インターネットで様々なギタリストから影響を受け

培った独学のギターテクニックと、

大自然で育まれた感性から生み出される楽曲を武器に、

16歳の時にイギリス・ロンドンで行われた

『Young Guitarist of the Year 2019

 powered by Ernie Ball』(16歳以下のギタリストによる

 エレキギターの世界大会)に出場し、

英国・米国など100人を対象とする

審査を勝ち抜き優勝、世界一に輝く。 

今後の活躍からも目が離せない新星!



『Hi-Six Radio JAM』Ending Power Play

♪『LAの道を-Road of LA  Sean Oshima

 3rd Digital SG.『LAの道を -Road of LA』 9.8 (A-Sketch)

Sean Oshima_a.jpg

日本生まれ、オーストラリア人の父と日本人の母を持つ

1999生まれの22歳。 高校時代から音楽活動を開始、

バンドでの経験を経てソロ活動をスタート。 

自らを中心に若手のミュージシャンたちと

共に作るサウンドは

大胆かつ緻密に組み上げられており、

グローバルチャートにおいても遜色がない。 

どこかシニカルな洋邦のエッセンスが混在する

詞に乗せるメロディは、そこはかとない

歌謡曲のような懐かしさも併せ持つ。 

8月から続く新曲リリース第3弾のこの曲は、

疲弊した世の中に対して、

皮肉めいたメッセージを送りつつ、

前に進んで行く若者たちを後押しする

メッセージが込められた楽曲に。