【2021年5月度】Monthly Power Play


♪『いい夢   YONA YONA WEEKENDERS

 Major 1st Digital SG.『いい夢』 4.7 (VICTOR)


yonayonaweekenders_a.jpg

“ツマミになるグッドミュージック” を奏でる

メロコア・パンク出身の4人組バンド。 

Vo. 磯野くんの表現力豊かな歌声と骨のあるバンドサウンド、

長きにわたってアンダーグラウンドなシーンの最前線で活躍した

彼らが作りだすステージは必見。 

2018年9月、自主制作盤「誰もいない sea」を会場限定で発売、

同月開催のリリースパーティーでは深夜イベントながら

500杯近くの酒がでるという異例の事態に。

2020年10月、HONDA CARS TV CMに「君とdrive」が

インディーズとしては異例の大抜擢。 

2021年1月20日にリリースした3rd EP「唄が歩く時」が

各方面で大きな話題となる中、

4月7日(ヨナの日)にビクターエンターテインメント内

スピードスターレコーズからMajor 1st Single「いい夢」をリリース!


♪『Starstruck   Years & Years

 Digital SG.『Starstruck』 4.8 (Universal)


yearsandyears_a.jpg

1990年7月15日生まれ、イギリス出身のシンガーソングライター、

俳優、LGBTQ+コミュニティを支援する活動家として知られる

オリー・アレクサンダーによるソロプロジェクト。

2015年期待の新人リスト「BBC Sound Of 2015」で1位を獲得し、

同年発表したデビューアルバム『コミュニオン』が

全英アルバムチャートおよび米ビルボード

ダンス/エレクトロニック・アルバム・チャートで初登場1位に。

翌2016年2月に行った東京と大阪での初来日公演は即完売。 

これまでイギリスを拠点にエレクトロポップシーンでの

確固たる地位を築いたイヤーズ&イヤーズが

約2年半ぶりとなる新曲「Starstruck」をリリース。

これまで3人で活動していた彼らは このシングルより、

オリー・アレクサンダーによるソロプロジェクトとして

再始動することが併せて発表された。


『Hi-Six Shake!Shake!Shake!』Ending Power Play

♪『Phone Dies   Andra Day

 Digital SG.『Phone Dies』 4.16 (WARNER)


andraday_a.jpg

ジャジーでソウルフルな声で、愛と赦し、祈りと救いを歌う、

30歳の新人アーティスト、アンドラ・デイ。 

地元南カリフォルニアの店のオープン・イベントで

パフォーマンスしていたところ、

偶然スティーヴィ・ワンダーの妻の目に留まり、

アンドラの音楽を夫に勧めたところ、

スティーヴィもたちまち彼女を気に入り、

ベテランプロデューサーのエイドリアン・ガーヴィッツを紹介。

2人でアルバム作りを進めていたところ、

そこにラファエル・サディークが加わり、

楽曲にさらに磨きがかかることに。 

そんな彼女のデビューアルバムがついに完成!


『Hi-Six Radio JAM』Ending Power Play

♪『赤裸々  BREIMEN

 2nd AL.『Play time isn't over』 5.12 (SPACE SHOWER MUSIC)


breimen_a.jpg

高木祥太を中心に2014年に結成され、ソウルやファンクをベースに

多様なジャンルにも躊躇なく飲み込んでいくミクスチャーファンクバンド。 

メンバー・チェンジを経て2018年7月より現体制の 5人組に。

メンバーそれぞれが数多くのアーティストのサポートアクトを勤めており、

独特な歌詞の世界観と、セッションを軸としたサウンドセンスのギャップに

熱烈なファンを獲得している。

2020年2月にリリースされた1st アルバム『TITY(ティティ)』では、

多くの著名人や業界最前線のプレイヤーからの熱い支持を得ると同時に

数多くのストリーミングサービスの主要プレイリストに入るなど

「いま聴くべき」ネクストブレイクアーティストとして、注目を浴びている。