【2021年1月度】Monthly Power Play

♪『浅めの夜で   生活は忘れて

Digital SG.『浅めの夜で』 12.16 (Space Shower Music)

s_w_a.jpg

 鳥取県出身、岡山県在住の男性ソロミュージシャン。 

誰しもが生活の中で感じたことのある得体の知れない感情を、

オリジナリティあふれる多様な楽曲で表現し、

活動開始から1年足らずでZ世代の早耳リスナーから

多くの反響を得ている、今まさに聴いてほしい新人アーティスト。 

追求された独自のアンニュイな雰囲気と、究極に透明度の高い、

洗礼された唯一無二の声質によって生み出される

”もう一度聞きたくなる”楽曲が魅力でフォロワー20万人越えを誇る

音楽好きの若者必須Instagramメディア「playlist of」では、

2nd Single「Alternative」が紹介されるなど話題に。 

独自の世界観と多様な音楽で繊細に紡ぎ出す、

その彼の才能から今後も目が離せない。


♪『PAIN   King Princess

Digital SG.『PAIN』 11.23 (SONY)

k_p_a.jpg

グラミー5冠を誇るプロデューサー=マーク・ロンソンが

自身のレーベル<Zelig Records>からおくる、

ニューヨーク/ブルックリン出身のシンガーソングライター。

キャット・パワーやテイキング・バック・サンデーなどを手掛けた

エンジニアを父に持つ彼女は、幼い頃から父のスタジオに入り浸り、

ベース、ギター、ピアノ、ドラムなどを習得。

Tレックスやレッド・ツェッペリン、ジャック・ホワイトなどから影響を受け、

子供の頃はパンク・テイストな曲を作っていたという。

わずか11歳で一度レコード契約のオファーが来るものの、

学業に専念するため断念。

2018年にデビューシングル「1950」、

2019年にアルバム「チープ・クイーン」を発表し

着実に高い評価を得る彼女が放つ、

マーク・ロンソンとの共同プロデュース楽曲!



『Hi-Six Shake!Shake!Shake!』Ending Power Play

♪『The Libertines   kiki vivi lily

Digital Mini AL.『Good Luck Charm』 12.11 (日本コロムビア)

k_v_a.jpg

スウィートで魅惑的な歌声と、

ブラックミュージックをベースにしたグルーヴで

特異な存在感を放つ注目のシンガーソングライター、kiki vivi lilyの

約1年半ぶりとなる最新作が(2020)12月11日にデジタル限定リリース!

WONKの荒田洸(あらた・ひかる)がサウンドプロデュースを務め、

Sweet Williamがアレンジを手掛けた楽曲や、

Kan Sanoによるトラック提供曲など、

シーンを代表するプロデューサー/アーティストと制作。

さらにnobodyknows+の名曲「ココロオドル」を

大胆で遊び心溢れるアレンジでカヴァーし、nobodyknows+も客演参加した

「ココロオドル with nobodyknows+」など全6曲収録したミニアルバム。


『Hi-Six Radio JAM』Ending Power Play

♪『速報音楽   LITTLE CREATURES

New AL.『30(サーティー)』 1.8 (P-VINE)

l_c_a.jpg

青柳拓次(Vo/G)、鈴木正人(Bass/Key)、栗原務(Dr/Per)の3人で

87年、高校在学中に結成。 新宿、渋谷を中心に

ストリートライヴを繰り広げながら人気を博し、90年に

シングル「THINGS TO HIDE」でデビューしてから

昨年(2020年)30周年! 

このたび5年ぶりの新作アルバム『30』が発売! 

CDは豪華2枚組!

オリジナル・アルバム『30』に加え、過去作からの

ベスト選曲による全編新録のスタジオ・ライヴ・アルバム

『STUDIO SESSION』がボーナス・ディスクとして付属。