【2020年9月度】Monthly Power Play

 ♪『windandwindows   蓮沼執太フルフィル

Digital AL. 『FULLPHONY』  8.26 (caroline international)


h_f_a.jpg

音楽家・アーティストの蓮沼執太がコンダクトする

現代版フィルハーモニック・ポップ・オーケストラ

“蓮沼執太フィル”のメンバーに、2017年に実施した

オーディションから選ばれた10名が加わり、

総勢26名による“蓮沼執太フルフィル”が新作アルバムを発売。 

⽣演奏による豊かなオーケストレーション、

エレクトロニクスの要素も含めたリミックスが楽しめる

先鋭的なサウンドトラック集。 

ジャケットアートは、横尾忠則が1970年代初頭に

2年間に渡って⽇本各地を旅しながら制作した

「⽇本原景旅⾏」シリーズから「⼤沼と駒ケ丘」をセレクト。

横尾忠則に タイトル⽂字のレイアウトなど

デザインアートワークを依頼したこだわりの作品に。


♪『Care   beabadoobee

Debut AL. 『Fake It Flowers』  10.16 (caroline international)


b_b_a.jpg


マニラ生まれ、ロンドン育ちの

ベア・クリスティによるソロ・プロジェクト。 

2017年から本格的に音楽活動を開始し、

ティーンエイジャーの持つ不安定さを上手く捉えた楽曲が

Z世代の若者を中心に人気を集める。

ファンによりアップロードされた

1st.トラック「Coffee」が数日で30万回以上ストリーミングされ、

セルフ・リリースした楽曲や2018年12月に

<Dirty Hit>からリリースしたEP「Patched Up」も

数多くの有名媒体から取り上げられ、さらに注目度がアップ! 

2019年には、BBCが有力新人を選出する名物企画

「Sound of 2020」にノミネート、2020年に入ると

The 1975のUKアリーナ・ツアーのサポートアクトを務めるなど、

今後ますます目が離せない存在に。



『Hi-Six Shake!Shake!Shake!』Ending Power Play

♪『AH!   ラブリーサマーちゃん

3rd AL. 『THE THIRD SUMMER OF LOVE』 9.16 (日本コロムビア)


l_s_a.jpg


1995年生まれ 東京都在住の25歳女子。

2013年夏より自宅での音楽制作を開始し、

インターネット上に音源を公開。

サウンドクラウドやツイッターなどで話題を呼ぶ。

2015年に1stアルバム「#ラブリーミュージック」、

2016年11月にはメジャーデビューアルバム

「LSC」をリリースし好評を博す。

2020年9月には待望の3rdアルバム

「THE THIRD SUMMER OF LOVE」を発売。 

可愛くてかっこいいピチピチロックギャル。



『Hi-Six Radio JAM』Ending Power Play

♪『because   jizue

New AL. 『Seeds』  9.2 (VICTOR)


j_z_a.jpg

2006年結成。これまで6枚のフルアルバムを発表し、

そのどれもがロングセラーを記録。

ロックや、ハードコアに影響を受けた

魂を揺さぶるような力強さ、ジャズの持つスウィング感、

叙情的な旋律が絶妙なバランスで混ざり合ったサウンドで、

地元京都を中心に人気を高め、数々の大型フェスにも出演。 

その圧倒的な演奏力で高い評価を得る中、

今年8月にドラムの粉川心が脱退を発表。

井上典政、山田剛、片木希依の新体制で放つNew AL.。